残りの40円をどう使うかこれから考える

 

ガールズバーにスカウトされたと自慢してる女の人が隣の隣に座ってるんだけど、そもそも自慢になってないしスカウトでもないような気がする‬

 

完全に調子に乗っている

 

だめだだめだ、顔見たらぜんぜん美人じゃない、とか思っちゃだめだ、

 

 

あと日給が12万らしい

どう考えても危ない

 

気づかせてあげたい、、

 

けど本人がいいならそれでいいやればいい

 

 

最近は周りの声が耳に入りすぎる

  

集中したいタイミングに限って雑音が耳に入ってきて、これは眠らなきゃいけない時に限って眠れないみたいな気分でなかなかつらい

 

別に周りが悪いことをしているわけではないという状況がこれまたさらにつらい

 

 

さっきだって公共哲学っていう、おじいさんが民謡歌ってるみたいに延々と喋り続ける授業で、それが起きた

 

後ろの方に座った自分が悪いのに、後ろの人たちの話し声が気になってしょうがなかった

 

公共哲学の授業なのに

公共の福祉に反しすぎ

 

友だちだったりじゃなかったりするから、声の大きさを指摘するのも違う気がして

 

おかげで自分の作業に全く集中できなかった

 

あたらしい文具の案とか今日1日の流れとか、これからのこととか、いろいろ考える予定が台無し

 

別に友だちを責めているわけでもなんでもなく、先のことを想定せずに座ってしまった自分の責任だった

 

そりゃしゃべりたくなっちゃうからね、あんなゆるゆるのぬるま湯でちょうどいい温度の環境だったらね、

 

だからべつに喋っている人に対しての鬱憤を晴らしたいわけではまっっったくなくて、あくまで自分の責任

 

ただ、おじいさんの授業だけの方がよっぽど集中できる作業用BGMだ

 

 

 

いまだってそうだ

 

本当は店着日に入手した尾崎世界観の『苦汁100%』を集中して読むはずだったのに

 

あのガールズバーの女のせいで、、、

 

くそ

すぐ人のせいにしてしまう

 

 

 

あと、財布にお金を補充するのを忘れて

ギリギリの生活を強いられている

 

なのに調子に乗っておやつにどら焼きを買ったりしてしまった

 

おかげでもう40円ほどしか財布に入っていない