決別

 

 

憧れと、

未練と、

決別した。

 

 

自分で集めた京大の資料たちと、

数年分の溜まりに溜まった教科書やノートやプリントといった、資源のゴミたちと、

決別した。

 

 

なんだかんだ残ってた未練、ずるずると引きずってついに五月になってしまった。

 

 

ついに失恋したような気持ち。

 

受け入れてもらえるように、入念に自分磨きをしたつもりで、ついに時が来て告白したけど、ふられました、って感じで、

 

数ヶ月はあきらめきれなくて、

 

でもわたしは別の大学と付き合い始めた。

 

 

結局片思いで終わったし、高嶺の花だった。

 

偶然と夏の魔法とやらの力で僕のものになるわけなかった。

 

最近やっと気がついて、今の大学をちゃんと選択した。

 

 

 

縁がなかったんだな。

 

思えば修学旅行っていうデートの時からすでに縁がなかったんだな。

 

でもやっぱり1番は、まだ努力がたらなかったんだなあ。

 

 

わたしは今は別の大学と付き合ってなんとか生きているし、

 

そもそも付き合うのがゴールなわけではなくって、

 

だからあの大学とは付き合わなくて正解だったんだと思えるような、結婚相手を見つけようとおもった。

 

 

f:id:nontandesu:20170505141127j:image

 

この足らなかった37点は、いつか違う自分が違うかたちで必ず埋め合わせよう。

 

あの程度の努力ではまだ努力とは言えないんだ

 

あの程度の努力ではこの程度の社会でもやっていけないんだ

 

と、いろいろかんがえた。

 

f:id:nontandesu:20170505141038j:image

 

スクランブル付箋

 

無秩序な感じで生きよう