受験失敗してから、人間味がなくなってしまった気がしています

 

変わらなきゃいけないのはわかっています

 

人間らしく生きなきゃいけないのもわかっています

 

人間らしくっていうのは、他の個体と関わって自分らしい活動をすることです

 

自分らしいっていうのは、わたしのなかでは表現なはずです

 

表現が滞っている

 

たぶん気持ちが滞っているからです

 

受験終わってからやりたいこともよくわからないまま、とりあえずいろいろなことに挑戦しようとしました

 

どれが正解かわからないフィールドに入りました

 

とりあえずやってみよう

 

とりあえずやってみよう

 

って思っていたはずが、それすらも、滞りました

 

気力を京都においてきたのでしょうか

 

今は無気力で無色で、無職です

 

自分から発せられる経済活動も少ないです

 

受験生の時と今とで違うのは、ちゃんとした目標があるかないかです

 

今は目標の定め方もわからなくなって

 

当然生き方もわからなくなっています

 

くそつまんない経済学部に入って

 

くそつまんないフランス語の授業とか、とっくのとうに高校で学んだ微分とか、たまにおもしろいロジカルなミクロ経済学とかやってます

 

つまんないって思うなら辞めてしまえばいいのに

 

今の自分の人間らしい活動がこのくそつまんない大学でしか行われていないために、やめることができません

 

感情と表現は常に平衡状態で

 

感情があるからそれを表現するし

 

その表現からまた新たに感情が生まれて

 

いい感じに自分に負荷がかかりながら、

 

それを乗り越えていくメンタルを得た時に

 

成功するのでしょうか、

 

もはやその境地に達することはないから、成功とかないんじゃないかなとか、

 

いろいろ考えています

 

でもそんなこと考える前に

 

いまは人間らしい感情が無なので

 

模索しています